トイレつまり修理事業者ランキング!

生活トラブル救急車のトイレつまり修理

オーケー水道修理センター

生活水道センターの水道工事

水玉便のトイレつまり解決

トラストホームでトイレつまり

便器に水があふれる

トイレつまりの症状で多いのが、レバーを引いて水を流した時に便器の水位がみるみる上昇して、ひどいときには便器から汚水が溢れてしまう事です。なぜ水が便器から溢れてしまうか、原因は明らかです。

トイレの配管で便やトイレットペーパー、その他異物がつまってしまい、水が流れきれず逆流して便器から溢れてしまうのです。トイレットペーパーなどがつまりの原因の時はお湯を流し、数時間放っておけば水に溶けてつまりは解消されるかもしれません。

しかしながら、異物(携帯、時計、紙おむつなど)を落としてしまうと、いくら待っても流れてはくれません。ラバーカップ等をつかって取り出すか、トイレつまりのプロに依頼したほうが確実でしょう。自分で解消したいという場合は、汚水がトイレに飛び散らないように事前に十分な準備をしておきましょう。

タンク中から水が全く出ない

どちらかと言うとトイレつまりの症状と言うより原因に当たるかもしれないのですが、トイレのレバーを引いても、流れる水の量が極端に少ない、もしくは全く水が流れないということがあります。水が流れないわけですから、結果便やトイレットペーパー類が流れきれずにトイレつまりが起こってしまうのです。

なぜトイレタンクから水が流れなくなるのでしょうか?トイレタンクの中には、水をためたりレバーを引いた時に水を便器に流したりする仕組みがありますが、それを構成するものの不具合で水がうまく流れなくなってしまう事があるのです。浮き玉と呼ばれるもの、ボールタップ、レバー、フロートバルブなどが代表的な仕組みです。

また、この手のトイレタンク内のトラブルとして多いのが、節水するためにペットボトルをトイレタンク内に入れたり、便器洗浄剤をトイレタンク内に入れたりすることにより、タンク内の物が引っかかって水が出ない・流れないなどが見られるのです。そういった場合は自分でタンク内の物を取り出して、水が正常に流れるかを試してみましょう。

ボコボコと音がする

レバーを引いて水を流した時に、便やトイレットペーパー水が流れるには流れるのですが、ボコボコという音を立てて流れている事があれば、トイレつまりが起こっているかもしれません。

まず、そのボコボコという音は、おそらくは配水管の先が詰まっている状態である可能があります。トイレが正常な状態であれば水と一緒に空気も先の方へ流れていき、流される時の音しかしません。

しかしながら、何らかが詰まっていて水がゆっくりと流れると、水と一緒に流れてきた空気は、空気だけ戻ってくるため、ボコボコと音がするのです。強引に排水設備を後から付けた場合などには、構造上の都合で正常な状態でもボコボコと音がする事もありますが、新築で、建てたときからついている排水設備ではよほどの欠陥設計でも無い限りボコボコ音はしないでしょう。

トイレの奥の排水管のつまりに関しては、素人ではどうにもならない症状ですので、お近くのトイレつまり修理業者にご相談するのが良いと思います。

トイレに物を落としてしまった

トイレに物を落としてしまった経験がある方も少なくないかと思います。携帯電話、時計、定期、鍵、サングラス、財布、使い捨てカイロ、マスクなど、身につけているものやポケットに入るものであれば無数に存在します。用を足す前に落とすのも嫌ですが、用を足した後に落としてしまうと、もう絶望を感じますよね…。さらに悪い事に、便器に落としたものが原因でトイレつまりまで引き起こしてしまうのですから、最悪です。

便器に物を落としてしまったら、気が引けるかと思いますが、落としたものを直接取るか、トイレつまりのエキスパートを呼んで取ってもらうしかありません。どちらにしろ、落下物を取り除かない限りつまりは解消されないのです。

そういった最悪の状況を回避するためにも、普段からトイレに物を落とさないように注意するようにしましょう。
特に公共のトイレなどをつまらせてしまうと、多くの人達に迷惑をかけることになるので気をつけましょう。

子供が何度もレバーを

子どもはどうもトイレットペーパーを流しすぎてしまい、時々トイレが詰まります。これが問題で、大人であれば、水を止めようとかするのですが、子どもの場合はそうではありません。トイレつまりで紙が流れないと、より一層水を流そうとするのです。

そして、私の家の場合は、トイレの床が水浸しになったことがありました。 私は急いでトイレに行って、水を止めようとしました。ただ、元栓を閉めようとしたのですが、ドライバーがなかったので、私は10円玉でしめたのを覚えています。そして、あとはラバーカップを用意して、何回かそれを使ってトイレつまりを直しました。 ただ、これは応急処置にすぎません。

トイレつまりが続くようだったら、しっかりと業者に相談して、どんな様子なのかとか一度見てもらいましょう。