一度で流れなくなったら

トイレつまりの初期症状について知っていると、いざという時に役立ちます。トイレつまりの初期症状としては、自身の体験談によると、流した時に一度で流れないことが続いてくると危険です。

実際に我が家ではそうでした。今まではレバーを一度、手前に引いただけで簡単に流れていたのに、一度ではペーパーが流れないことが多くなってきたのです。レバーの引き具合が悪かったらしく、すぐに専門業者に来てもらって直してもらいました。

また、勤務先でのトイレつまりの初期症状としては、ボコボコというような変な音がしたことです。最初は全く気にしていませんでしたが、社員の多くがその音を不快に感じ、おかしいと感じるようになり、専門業者に来て見てもらったのです。早い段階で業者に来てもらえたことから、詰まっている箇所を早期発見し、直すことができました。少しでもおかしいと思える状況があった時には気をつけるようにするといいでしょう。

便器の水が流れず溢れる

自分の家のトイレがつまったとき、まずはじめに便器の水の量が増えました。トイレつまりの初期症状だと気づかないまま、紙が流れないなと繰り返し洗浄レバーをまわしてしまったため、便器のなかの水かさはまたたく間に増え、いまにも溢れそうになってしまいました。

ふだんは分別して流すこどものおむつについていたうんちとトイレで流せないおしりふきの紙を面倒だからと一緒に流してしまったのがそもそもの原因だったみたいです。トイレつまりの初期症状に気づかないまま、流れないと悶々とした結果、ついにはトイレの床に便器のなかの水があふれはじめ、トイレマットにも浸水する事態になりました。

結局、詰まっていたトイレに流してはいけないおしりふき用の紙をゴム手袋をして引っ張り出し、時間をおいたところ、便器になみなみと溢れていた水はゆっくりと流れていき、無事に元通りになりました。その後はトイレで流せないおしりふきを流すことはなく、水をなみなみたたえた便器を見ることはありません。