トイレつまりにお湯はいいのかどうか?

トイレつまりは家庭でも企業でも起こりやすいものです。異物を流してしまうことで起こってしまうことがあるのですが、業者を呼ばずに自力で改善させようとする場合、お湯で流してみるということをやってしまう人がいます。冷たい水よりもお湯の方が流れが良くなるような気がする人は多いものです。

しかし、実際にお湯で流してみても、トイレつまりが解消されることはありません。かえって悪化させてしまうこともあります。もともと、トイレはお湯で流すものではないからです。お湯を使えばその熱で異物などが溶かされるのではないかという安易な考えでトイレつまりを解消させようとすることは、決して行わないようにすることが大事です。

まずは専門の業者を呼んだり、電話で相談したりするところから始めた方がいいと思います。ただし、場合によってはお湯を使うことでトイレつまりがとりあえず解消できることもあります。トイレつまりの原因を知ることが大事です。

トイレつまりはお湯で直る場合がある

トイレつまりの原因で考えられるのは、想定以上にトイレットペーパーや便が流された時や、異物を間違って落として流してしまった時などがあります。異物を流してしまった時は自分で何とかしようとせずに、すぐに業者に修理依頼をする必要があります。

しかし、トイレットペーパーや便が原因でトイレつまりを起こしてしまったと予想される時には、業者に依頼する前にまず、ぬるま湯を便器に流して様子を見てみます。本当にその二つが原因だった場合は、溶けてつまりがとれる場合があります。しかしぬるま湯を入れてトイレつまりが取れたと思っても、急にレバーをひいて水を流そうとすると、水が溢れ出てしまい床を水浸しにしてしまうことがあります。

つまりがとれたと思ったら、バケツに水を用意して少しずつ便器に水を流し水の流れを確認し、何度か繰り返した後にレバーを引き水を流します。以上のことを試してもトイレつまりが直らなかった場合には、無理はせず業者に依頼します。